小学2年生!進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」海外受講レビュー

進研ゼミチャレンジタッチ2年生

こどもちゃれんじを受講し続けて8年目!

1年生で習う漢字は約80字。2年生では2倍の160字に!

漢字もぐんと増え、勉強が本格化し始めました。そして小学2年生といえば九九!

勉強量がぐんと増えた分「楽しい」も2倍増えたチャレンジタッチ。「苦手」も出てきましたがそれを上回る「お気に入り」があるため頑張って受講を続けています。

海外在住者だからこそお勧めしたい理由がたくさん!これまでの半年総合評価としてはやはりタブレット学習は学習効率がよく利点が多いということ。

そして1日15分でも「日本語を目にする機会」を普段の生活に取り入れる事で子供が「違和感・疑問を感じずに日本語学習を続ける」ことに繋がります。

詳しく見ていきましょう。

【進研ゼミ小学講座】

受講した教材

チャレンジタッチコラショメッセージ
毎日やるとコラショが喜んでくれて娘は「かわいい~」とメロメロです。確かに声がとてもかわいい。

受講教材:進研ゼミチャレンジタッチ2年生(タブレット)

ベネッセ側は「ネットワークの事情が各国によって異なるため、利用の保証ができない」事を主な理由としてタブレット海外受講の推奨をしていません。

noi
noi

問い合わせた結果「推奨」はしていないけれど「自己責任」で受講は可能とのことで、絶対にダメというわけではないです。

2年生は

  • 「チャレンジ2年生」
    しっかり紙に書く学習中心。体験教材が豊富で、実体験をすることが好きな子供向け
  • 「チャレンジタッチ」
    動画や音も交えたタブレット中心。考える工程を細分化して説明。繰り返せるアプリもあるので、アニメやゲームが好きな子に向け

上記のどちらかを選びます。

ベネッセが推奨している日販アイ・ビー・エス(株)もしくは(株)OCSと契約する海外配送サービスは紙ベースの「チャレンジ2年生」のみ対象です。

デジタル学習「チャレンジタッチ」の海外受講は推奨されていません。下記詳細をご覧ください。

※12か月一括受講の場合 チャレンジ2年生受講費 考える力・プラス講座
国内年間受講費 ¥38,180(¥3,180×12)¥28,836(¥2,403×12)
カナダ年間受講費(IPS)¥73,968(¥6,164×12)¥56,640(¥4,720×12)
カナダ年間受講費(OCS)¥76,320(¥6,360×12)¥56,400(¥4,700×12)
※掲載の内容は2021年度の情報です。お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。

海外受講方法・注意点など詳しくは1年生海外タブレット受講方法をご覧ください。

うちの子はタブレットを1年生から受講しています。

カナダで特段ネット環境に不満をもったことはなく、現在も何の問題もなく受講できていますが、これはあくまでも私個人の話であり海外受講での不具合は全て「自己責任」です。

海外にいるからといって100%の受講を保証するものではありませんのでご注意ください。

現在受講中!うちの子が大好きな教材とメリット

1位 電子図書館・学びライブラリーたくさんの本と日本語ニュース

電子図書館本
たくさん絵本が選べます。
電子図書館ビデオ
日本語吹き替えのサイエンス番組やニュースも。

2年生は「浅く広く色々な事に興味を持つ時期」。飽きっぽくなるのもこの時期特有。しかしチャレンジタッチは1000冊もの本が入っている為飽きる事なく興味を持ちます。

特にコロナ化で帰国できず、しかも日本からの郵送も止まっている中大変重宝しました。

ダウンロードしておけばネット環境がなくとも見る事ができ、今年のキャンプにも持って行きました。正直本を持ち歩くのは大きいし重いし数が限られます。

日本語の習慣ニュース・動物ニュース・ナショナルジオグラフィックチャンネルも日本語吹き替えで見れて大満足。

「子供の少しの興味」を「大きく広げ」しかも「日本語で読める・聞ける」得点は高いです。

一番のメリット!
「日本」というものをより身近に感じる事ができるため海外在住者には本当にお勧めです。「台風警報」などこの時期のニュースでよく見ますが、それがどこの県なのか、どうなったのかという疑問にもチャレンジタッチ1つで答える事ができます。
日本地図も導入されていますので、幼児期とは違う「なんで?」にしっかり答えてあげる手助けが楽にでき、子供はより学ぶ意欲を持ち続けます。

noi
noi

「ママ東京でたくさん人が道にたおれてる!」と言われた時はびっくりしました。どうやらコロナ化で路上飲酒の上酔っぱらって寝ている人のニュースだったようで、思わず笑ってしまいました。

2位 作成過程が楽しい!コラショのなかよしクラス

チャレンジタッチクラスメイト作り

クラスメイト作っていく過程が凝っていておもしろい!

カメラ機能を使い「自分のクラス」を作成していきます。お気に入りのぬいぐるみ・家族・キャラクターの写真を撮り、名前を付け髪型を決めて32人のクラスメイトを完成させることができます。

「家族」だけではなく広がっていく自分の世界。まずはお気に入りだけで作った「自分のクラス」に相当思い入れがあるみたいで、それがやる気につながります。

このクラスメイトを使ってレースやダンスができ、作ったクラスメイトの動きに大爆笑。

こういう楽しい機能があるのでチャレンジタッチを数日放置・・なんてことにはなりません。

一番のメリット!
形容詞のお勉強がよかったです。「ねこちゃんは〇〇です」と中に入る正しい言葉を選んだりする問題は、自分で作成したクラスメイトが登場しているのでとても食いつきがよかったです。

3位 2年生では写真も送れる!メール機能

チャレンジタッチ誕生日メール
チャレンジタッチメール

1年生から引き続き大好きなメール機能。2年生からは写真を撮って、それを加工したり、吹き出しテンプレートで自分で文字を書き込むものが多くなり、さらにお気に入りに。

1日1回はメールのやり取りをしています。

コラショからの誕生日メールもとても喜んでいました。赤ペン先生からのメールや、夏休み中はオンライン授業の案内なども届くので定期的にチェックするのがおすすめです。

一番のメリット!

やはり海外生活において「1日1回日本語を目にする・読む」習慣付けはなかなかできるものではありません。毎日毎日が積み重ねなのでお互いが楽しくやれるものを見つける事は非常に大切です。

4位 みらいタワー 手品テレビ

チャレンジタッチ手品ビデオ

子供が夢中です。年齢に適していますし、説明も丁寧でわかりやすくて実行しやすい。

見た後は必ずマネしています。「種明かしは来週」とすぐ教えてくれない場合はどうなっているのか一生懸命考えます。

「こんなのYoutubeにいくらでもあるじゃん」と思うかもしれませんが、子供に渡すと大抵別の動画に目移りして全く別の動画を長い時間見てしまいます。

一番のメリット!

電子図書館の動画も同様に、とにかく安心して見せられるので親としての不安材料がありません。

noi
noi

「子供向けYoutube動画内にトラウマになりそうな画像や映像が入っているものが出回っているので気をつける様に」というニュースも一時期流れましたね。

5位 動物好きにはたまらない ぐるぐるかんさつずかん

チャレンジタッチ動物観察
しまうまがシマシマな理由
チャレンジタッチ動物の特徴
耳・目・顔・足・しっぽの5点を観察

「虫の目」「鳥の目」「魚の目」の見え方に大興奮!画面全体にモザイクがかかりそれぞれの動物の「見え方」が画面全体にうつります。

チャレンジタッチを持って家の中をウロウロ、、、、

こどもちゃれんじからの受講で虫や動物が大好きになった娘。2年生では「体のつくり」「反対から見た図」などが観察でき更に気持ちをがっちり掴まれています。

一番のメリット!

単純な答えでは納得しない子供の「なぜ?」にどうしてこんな色なのか、どうして横に目がついているのかの疑問を「生き抜くための特徴としくみ」を踏まえてきちんと教えてくれます。360℃回転してみる事ができたり、動きそのものに迫力があります。

親の私が大好きな教材と感じた受講メリット

日本の学習計画に沿っている リズムかけ算たた九っ九

チャレンジタッチ九九

どこの国のやり方の方がいいか、悪いかと言いたい訳ではありません。しかし日本のやり方に沿って勉強できるメリットが大きいと感じています。

例えば2年生の大きな課題である九九も国によって教え方は様々。

カナダでは教科書が配布されません。先生によって教え方は様々。100マスのナンバープレートを使う人もいれば、簡単な数字から教えていく人も。

オンライン中九九の導入を見る機会がありましたが文章問題が主流だったうちの子のクラス。

「ハロウィンで6軒の家に行って6個ずつのお菓子をもらった」という問題を

  1. まずは図式・絵にして問われている事を整理
  2. どう考えるか文にして書く(10のかたまりが3個できる、2軒並べて書いたら1軒12個になるなど)
    色々な考え方でOK。
  3. そして計算してみる(6+6+6+6+・・・でも、10+10+10+6,12+12+12でもいい)
    計算方法も複数あってOK
  4. そしてやっと、それがどのかけ算式に合うのか考えます。

答えにたどり着くまでのプロセスが長すぎる!

「どのように考えたのか」に重点が置かれほぼこのやり方で毎日授業が進みます。ゼロから九九に入る子にはちょうどいいのかもしれません。

しかしうちの子は歌で九九を覚えていたため「6×6は問答無用で36」と日本式。誰よりも計算が早く一瞬で「6x6で36個」と答えが出せただけにこの長い時間がとても苦痛だったようです。

結論

全ての九九を丸暗記させて正解です。九九は大きな分かれ目で、苦労しているお友達を多く見ました。高学年に上がっても九九をちゃんと言えない子もチラホラいるみたいなので、ここで日本のやり方で丸暗記させて損はないです。
何といっても本人の自信につながります。

もちろんプロセスを考える行程はとても大切です。でも日本の様に式を全て暗記してどんどん問題に慣れて解いていくのも1つのやり方です。

noi
noi

かけ算が始まったばかりなのに、割り算もすぐ始まり驚きました。しかし九九計算が早いと割り算にもすぐ進め、何より本人が算数に自信を持ちます。1日1回歌を歌って覚えました。

書き順の教え方が見事

チャレンジタッチ漢字練習
書き順が違うと進めません。
チャレンジタッチ漢字画数
画数が多い理由・少ない理由が分かりやすい!

書き順の大切さは前回も記述しましたが、書き順に加え画数もいい加減になりがちです。

そんな中私が一番感動したのは「画数」の教え方

適当に書いて画数が増えたり減ったりすると、自分で書いた字とお手本が同時進行で書いた順に現れます。すると、どこがだめだったのかすぐわかります。

練習の段階では「書き始め」を点で教えてくれ、枠からはみ出ると注意されたりもします。

右上写真の「羽」も右のハネを忘れ、後から書き足したため間違いを指摘されました。本当に分かりやすいです。

noi
noi

タブレット付属のペンをなくすと漢字練習できませんのでなくさないように!

感じたデメリット

電子図書館迷路

本に触れない

大好きな某キャラクターの本は間違い探しや、迷路などしかけがいっぱい。でも画面を触ると次のページに飛んだり本によっては文字が小さい場合もあります。

しかし郵送も帰国もままならないコロナ化でこれだけの量が読めるのは文句のつけようがありません。

海外で「子供・タブレット任せ」は内容によってはむずかしい

1年生はほとんど自分でやらせていましたが2年生になると勉強も本格化します。

1日15分のメインレッスンをやっていると思ったら、全く別のアプリをやっていることがありました。

また、メインレッスンは順番になっているのですが、カナダの学校で習っていない内容は親の助けが必要となります。

今月のメインレッスン「ℓ・ml・㎗」はカナダでまだ習っていない為いくら説明が順にあっても中々理解できません。

「380円は10円が38枚、10円が25枚で250円」などもやはりタブレットだけの理解は難しい。

1日15分一緒にやっています。本人任せにすると一番難しい番号から始めてしまいまったく理解できなかったこともありましたので要注意。

解決策:

親も一緒に参加することで子供の理解はより深まります。「分からない所は一緒にやろう」と声掛けし、夏休みなので一緒に学習しています。30分たつとコラショに休憩を促されるため、それまでの間にどれだけ進められるかを目標にやっています。

チャレンジタッチ2年生海外受講よかったことのまとめ

赤ペン先生答案用紙
赤ペン先生から返事が来るのを楽しみにしています。

海外に住んでおり完全英語生活の中でも、普段の会話から「出席・欠席って何?」「時間割り作ろう」など新しい日本語を取り入れてくれるだけでも親としては受講している甲斐があります。

海外受講は本当にお勧め。神教材だと思っています。私もこんなタブレットで勉強したかったな、が正直な感想。

赤ペン先生も大好きです。同じ担任が採点してくれて、送ると返信を楽しみにしています。赤ペン先生にお返事をスタンプで送る事も、テストの見直しもできます。

ポイントを貯めてごほうびをもらうまで頑張る、など相変わらず子供の心をぐっと掴んでるという印象。

ただやはりこどもちゃれんじ知育プラスで長年紙ベースの勉強を続けてきただけに「紙での勉強も取り入れたいな」と思い始めており、 考える力・プラス講座 の受講を考えています。

noi
noi

届いたらまたレポートいたします。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました